ニュース&イベント

Math-Fi seminar on 25 Apr.

2019.04.22 Mon up
  • Date: 25 Apr. (Thu.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 16:30-18:00
  • Speaker: Tomooki Yuasa (Ritsumeikan University)
  • Title: Introduction to parametrix method

数理科学科談話会 (2019/5/7)

2019.04.18 Thu up
下記の要領で2019年度最初の談話会を開催します.
奮ってご参加下さい.
 
日時:2019年5月7日(火) 16:30 — 18:10
場所:数理科学科 談話会室
 
① 16:30 — 17:15 
講演者:Ramesh, Golla 氏(立命館大学 / IIT Hyderabad)
タイトル:On a subclass of norm attaining operators
アブストラクト:PDFファイル
 
② 17:25 — 18:10 
講演者:難波 隆弥 氏(立命館大学)
タイトル:Recent progress in limit theorems on nilpotent covering graphs
 
問い合せ先:
理工学部数理科学科 渡部拓也 t-watana ( at ) se.ritsumei.ac.jp

第9回立命館数学教育研究会 2019年5月17日(金)

2019.04.09 Tue up
下記の日程で第9回立命館数学教育研究会を開催します。
 
前回に引き続き、東山中学・高等学校で教鞭を執っておられます鶴迫先生を
講師にお招きしてご講演頂きます。
     前回の開催報告はこちら
前回好評でありました「大学入学共通テストの分析」や「その教材研究の方法」
についてお話頂く予定です。
 
また鶴迫先生は、立命館出身の校友でもございます。
皆様、奮ってご参集ください。
 
日時:2019年5月17日(金) 19:00 ~ 20:00 (開場18:30~)
場所:キャンパスプラザ京都 6階 第1講習室
 
講師:鶴迫 貴司 氏 (東山中学・高等学校 数学教諭)
 
概要:今春の大学入試の分析とその報告をはじめ、その中から授業で
   活かせるような題材について話をする予定でいます。
   新テストに向けた動きが加速される中、学力の3要素
   (思考力、判断力、表現力)をどのように体感させ身につけることができるか
   を考えるよき機会になればと思います。
 
お問い合せ先: 渡部 拓也(数理科学科) t-watana (at) se.ritsumei.ac.jp
 
 
なお今回も研究会後に、鶴迫先生を囲んで懇親会を行いたいと思います。
ご参加頂ける方は、上記お問わ合わせ先の渡部までご連絡下さい。
この懇親会ですが、前回もOB間の情報共有の場として、また教員志望の現役学生に
希望を与える場として有意義なものとなりました。
研究会後半から懇親会の参加という形も歓迎ですので、お気軽にお問い合せ下さい。

2019年9月1日(日)~7日(土) ワークショップ

2019.04.05 Fri up
The Fifth Japan-China Geometry Conference 

Dates: September 1–September 7, 2019
Conference Venue: Ritsumeikan University,  Biwako-Kusatsu Campus (BKC), West-Wing
 
Organizers: 
 
Scientific Committee:
       Akito Futaki, Tsinghua University
       Anmin Li, Sichuan University
       Toshiki Mabuchi, Osaka University
       Yoshihiro Ohnita, Osaka City University
       Gang Tian, Peking University
       Weiping Zhang, Chern Institute of Mathematics
 
Organizing Committee:
       Qing-Ming Cheng, Fukuoka University
       Qing Ding, Fudan University
       Ryushi Goto, Osaka University
       Ryoichi Kobayashi, Nagoya University
       Haizhong Li, Tsinghua University
       Jiayu Li, University of Science and Technology of China
       Reiko Miyaoka, Tohoku University
       Hitoshi Moriyoshi, Nagoya University
       Takashi Shioya, Tohoku University
       Zizhou Tang, Chern Institute of Mathematics
       Changping Wang, Fujian Normal University
 
Local Organizers:
       Hiroyuki Osaka, Ritsumeikan University
       Toshikazu Natsume, Ritsumeikan University
 
For information:
  Q.-M. Cheng  (cheng@fukuoka-u.ac.jp)
 
       R. Miyaoka (r-miyaok@m.tohoku.ac.jp)
       H. Moriyoshi (moriyosi@math.nagoya-u.ac.jp)

Supported by :
  JSPS Grants (Q.-M. Cheng, R. Goto, R. Miyaoka, H. Moriyoshi, T. Shioya), and
  Grant from Faculty of Science and Engineering, Ritsumeikan University

2019年4月4日(木) ワークショップ

2019.04.01 Mon up
”One day workshop on stochastic analysis”
  • Date: 4 Apr. (Thu.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 13:00-18:20


   Schedule

  • Time: 13:00-13:40
  • Speaker: Seiichiro Kusuoka (Okayama University)
  • Title: Invariant measure and flow associated to the Phi4-quantum field model on the three-dimensional torus

  • Time: 13:45-14:25
  • Speaker: David Nualart (Kansas University)
  • Title: Breuer-Major theorem: tightness and rate of convergence

  • Time: 14:40-15:20
  • Speaker: Hiroshi Tsukada (Kyoto University)
  • Title: Pathwise uniqueness of SDEs driven by strictly stable processes

  • Time: 15:25-15:45
  • Speaker: Takuya Nakagawa (Ritsumeikan University)
  • Title: $L^{\beta}$ distance between two one-dimensional stochastic differential equations driven by a symmetric $\alpha$-stable process

  • Time: 16:00-16:40
  • Speaker: Lorick Huang (INSA de Toulouse)
  • Title: A Local Limit Theorem for Robbins-Monro Procedure

  • Time: 16:45-17:25
  • Speaker: Yu Ito (Kyoto Sangyo University)
  • Title: A fractional calculus approach to rough path integration

  • Time: 17:40-18:20
  • Speaker: Anthony Reveillac (INSA de Toulouse)
  • Title: On a stochastic Hardy-Littlewood-Sobolev inequality with application to Strichartz estimates for a noise dispersion

 Organizing Committee: Yuuki Ida (Ritsumeikan University) and Gô Yûki (Ritsumeikan University)
 

Math-Fi seminar on 11 Apr.

2019.03.27 Wed up
  • Date: 11 Apr. (Thu.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 16:30-18:00
  • Speaker: David Nualart (Universitat de Barcelona & Kansas University)
  • Title: Stein’s method for normal approximations

Math-Fi seminar on 28 Mar.

2019.03.27 Wed up
  • Date: 28 Mar. (Thu.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 16:30-18:00
  • Speaker: David Nualart (Universitat de Barcelona & Kansas University)
  • Title: A brief introduction to Malliavin calculus

2019年3月29日(金)立命館大学幾何学セミナー

2019.03.15 Fri up
<<立命館大学幾何学セミナー>>

日時:        2019年3月29日(金) 16:00~17:30

タイトル:   Recursion operatorとSymplectic-Haantjes多様体の構成による可積分系へのアプローチ

講演者:    竹内 司 (東京理科大学)

アブストラクト:
これまで,可積分系の特徴付けとして,Liouville-Arnoldの定理やLax pairなどといった多くの定理や理論が知られてきた.本講演では,これらと異なる可積分系の特徴付けとして,次の2つについて紹介したい.1つはrecursion operatorと呼ばれるテンソル場の構成による特徴付けである.旧来は物理現象を主な対象としてこのテンソル場の構成が考えられていたが,リーマン多様体の測地流に対してrecursion operatorの構成を行い対応するハミルトン関数の可積分系性を示すことにより数学的なモデルについても考察が可能であることを示していく.また,応用として,可換なハミルトンベクトル場の列を構成する.もう1つはP. TempestaとG. Tondoにより最近導入された,Haantjesテンソルを用いたsymplectic-Haantjes多様体とLenard-Haantjes chainについて紹介したい.彼らは,非退化なハミルトン系が完全積分可能であるためにはsymplectic-Haantjes多様体の存在が必要十分であることが示した.また,可積分系が与えられたとき,その包合的な第1積分とLenard-Haantjes chainによりsymplectic-Haantjes多様体を構成する問題を考察し,これを逆問題と呼んだ.この逆問題については,未だ多くの例は知られていないが,具体的な複数の2自由度のハミルトン系について結果を得たため,これを紹介する.


場所:         立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)
              ウェストウィング6階談話会室

Math-Fi seminar on 14 Mar.

2019.03.11 Mon up
  • Date: 14 Mar. (Thu.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 16:30-18:00
  • Speaker: Katsushi Nakajima (Ritsumeikan Asia Pacific University)
  • Title: Commodity Spot and Futures Prices under Supply, Demand, and Financial Trading
  • Reference: https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2603946

Math-Fi seminar on 15 Feb.

2019.02.18 Mon up
  • Date: 15 Feb. (Fri.)
  • Place: W.W. 6th-floor, Colloquium Room
  • Time: 16:30-18:00
  • Speaker: Antoine Lejay (Institut Élie Cartan de Lorraine)
  • Title: Rough paths (the final lecture)